メインイメージ

挨拶状を忘れずに

一般社団法人を設立したときは挨拶状を忘れずに

一般社団法人を設立した場合も挨拶状は忘れずに出すようにしましょう。株式会社の場合には挨拶状を出すことは大切ですが、一般社団法人の場合には非営利団体ですので挨拶状を出す必要は無いと勘違いをしている方も多いです。一般社団法人は公共の利益を目的とした非営利団体ではありますが、公共の利益を追求するためにも資金は必要ですし、世間に認知してもらえなければ、いくら良いサービスであったとしても広がってはいかないものです。

一般社団法人を設立し活動をするためには資金が必要です。たとえば、地域の老人介護サービスの一般社団法人を立ち上げ公共の利益を追求するにしても、設立するだけでは運転資金を手に入れることはできません。

まず、知り合いの企業等に挨拶状を書き、団体の理念を理解してもらい基金を募ることから始めましょう。一般社団法人は株式会社のような出資金の制度はありません。基金という形で公募を行います。いくら世のため人のための素晴らしいサービスを提供する団体であっても資金がなくては活動をすることはできません。

まずは、知り合いの企業に挨拶を行い、理念を理解してもらい協力を仰ぐことから始めましょう。基金をする企業のほうもイメージアップにつながる場合もありますし、基金ですから返還されることも理解しているので協力してくれるはずです。サラリーマンには理解はできないと思いますが、経営者は富を得ると地位と名声を手に入れたくなるものです。居酒屋チェーンを展開し富を得た人が政治家になる場合やプロレスラーが政治家になるようなものです。

一般社団法人を立ち上げ地域社会に貢献を行い、人から尊敬され慕われる存在になりたいと思っている経営者は実は多いのです。株式会社を経営して利益を追求するのは綺麗事ではできません。多くの人や会社を犠牲にしたりもするものです。長年、株式会社の経営を続けて利益を得た経営者の方が社会への恩返しのために公共サービスを展開したりするものなのです。一般社団法人を立ち上げ、世の中にサービスを展開していくのは一人ではできません。設立したら挨拶状を書き、第三者機関の協力を仰ぐようにしましょう。何をするにも資金は必要なものです。

運転資金や事業の協力を得られる素晴らしいサービスなのですから、何も恥じることはなく挨拶をできるはずです。立ち上げて最初にやるべきことは協力者を募ることであり、そこから社会貢献は始まっていくのです。”

Copyright© 2016 一般社団法人の設立の流れ All Rights Reserved.